365日毎日お散歩する5羽のインコ、はぴたろーず日記

menu

HAPPY DAYS ☆お散歩大好き はぴたろさん日記☆

ありがとう、もこちゃん

今日。
もこちゃんと最後のお別れをしてきました。

忘れないように。
綴りたいと思います。

大好き

もこちゃんは、お腹の中に毛が詰まる腸閉塞で
あっという間に旅立ってしまいました。
うさぎさんには多い病気。
気を付けていたのに・・・。

もこちゃんは、とてもとても優しいうさぎさんで。
ちょこと、ここのことも
いつも毛繕いをしてあげていました。

くっついてみたり

みんな、みんな。
毛の生え変わる時期で。
もこちゃんは、もこちゃんだけでなく、
みんなの毛を飲み込んでいました。

気づけたはずなのに・・・
もこちゃんが、人も犬も大好きで、
みんなのことを舐める
優しいうさぎさんって知っていたのに。

わたしは最近、
賑やかな上空ばかりを注意していました。
大人しい、もこちゃんのこと、
きちんと見てあげられていませんでした。

悔やんでも悔やみきれない。

まったり

朝はとっても元気で。
ごはんも食べ、うんちも普通にしていました。
そのまま・・・
いつもより長く外出してしまい、帰宅したとき。
もこちゃんはぐったりしていました。

すぐに、病院へ。
胃が膨張している状態、
手術で助かる可能性は低いと言われました。

それでもいい、助けてください・・・。

手術の用意をして頂いている間。
一時も離れたくなかったので、
抱いて待っていたいと伝えました。

わたしが抱いて。
もこちゃん、わたしのことを見てくれて。
一緒に来たおちびちゃんが抱っこしたいというので。
おちびちゃんの元へ・・・。
もこちゃんは、しっかりとおちびちゃんを
見ていました。

おちびちゃんが、
「もこちゃん。」
と呼んだとき。

ブルブルっと小さく小刻みに震えて。
もこちゃんは、そのまま・・・
おちびちゃんの腕の中で永遠の眠りにつきました。

ぴとっ

同じ格好

もこもこ枕

待って待って

待ってよ~

おちびちゃんは、5分おきに、
「もこちゃん。」
と言って一日中泣いていました。

もこちゃんにいつもくっついていたちょこも、
切ない声で「くーんくーん」と泣いています。

みんなみんな、もこちゃんのこと、
大大大好きだったの。

ハッピーとも仲良し

もっともっと一緒にいられたのに。
ごめんね、もこちゃん。

わたし達は。
もこちゃんと一緒に暮らすことができて。
とってもとっても幸せでした。

もこちゃん、本当にありがとう。

大好き

関連記事

    • かさこ
    • 2016年 10月 06日

    突然でしたね…。
    命あるものはいつか尽きてしまいます。
    仕方のない事だけど。
    でも最期をちゃんと看取る事ができて
    良かったですね。
    私はそれができなかったので
    ちょっとだけ悔いています。
    元気出してくださいねᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    • ちょりん
    • 2016年 10月 06日

    私ももこちゃんが大大大好きでした。ふわふわで見ているだけで癒されて、ゆったりとしたまあるいオーラが画面からも伝わってくるようでした。
    私は子供のときから動物さんとのお別れが辛すぎて、泣きすぎるので父からペット禁止令が出たほどです。色々な方のブログで小さな家族(ペット)とのお別れを目にすると今でも涙が溢れてしまいます。
    私が言うのも差し出がましいようですが、もこちゃんはとってもとっても幸せだったと思いますよ!
    沢山の家族やお友達と触れ合い、愛し愛されることができたのですから。
    旅立ちの時をおちびちゃんの腕の中で迎えられたのですから。
    ゆっくりと皆様に笑顔が戻りますように。
    私からも『ありがとう』もこちゃん。

    • ピキピキ
    • 2016年 10月 08日

    haruさん おはようございます。

    突然のもこちゃんの訃報に、かける言葉が見つかりません( ; ; )

    もこちゃんは前はあまりお散歩が好きではなかったように記憶してます。(間違えてたら、ごめんなさいね)
    でも、こんなに楽しそうにみんなとお散歩してる姿を見て、ああ、もこちゃん幸せだったんだなぁと。

    たくさん泣いたら、またお散歩に行って空を見上げてみてください。きっともこちゃんが空からみんなを護ってくれますよ。

    • haru
    • 2016年 10月 12日

    かさこさん、ありがとうございます。
    本当に・・・最期を看取ること、できてよかったです。
    ちょうど仕事もお休みで、しっかりと見送ることもできました。

    もっともっと、一緒にいることができた・・・そう思っていますが、
    どうしようもできないので、ずっともこちゃんのことを想いながら、
    今まで以上にハッピー達との時間を大切にしていきたいと思います。

    • haru
    • 2016年 10月 12日

    ちょりんさん、ありがとうございます。
    本当に悲しくて、どうしようもなくて、自分自身を責めて・・・
    そんなとき、コメントを頂いて、とても嬉しかったです。

    もこちゃんはわたし達にとって、とっても大きな存在でした。
    本当は、もっともっと一緒にいること、できたはずなのだけれど・・・
    大好きなもこちゃん、これからも毎日想いながら、
    少しずつ前を向いていこうと思っています。

    • haru
    • 2016年 10月 12日

    ピキピキさん、ありがとうございます。

    そうなんです、もこちゃんは、はじめはリードを付けることを嫌がり、
    お散歩には行っていませんでした。
    おちびちゃんの喘息をきっかけに、お洋服を着せるようになり、
    試しにその上からのリードは大丈夫だったので、
    お散歩に行けるようになったのは、1年ほど。
    それも、ハッピーのように毎日ではなかったので、いろいろなこと、悔やんでいます。
    もっともっと一緒の時間を過ごすこと、できたと思います。

    毎日もこちゃんを想いながら。
    ハッピー達との時間を今まで以上に大切にしていこうと思っています。
    まだまだ・・・時間はかかるけれど。
    それでも、毎日上を向いていこうと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 1000日~お地蔵様と。

  2. ハッピーの春夏秋冬 Part3

  3. 成長 Part3

error: Content is protected !!