ハッピーとの出会い

ハッピーとの出会いは、とあるペットショップでした。

大型のホームセンターの片隅にある小動物コーナー。

もともと動物が大好きなわたしとおちびちゃん(末娘)は
ペットショップに行くと必ず寄ってしまうの(*’▽’)ノ

動物全般、例えば爬虫類なんかもわたしは大丈夫。
でも、鳥さんだけは少し苦手でした。

鳥といえば、鳩やカラス。
鳩の首の動きや、カラスを見て、
どうしても可愛いとは思えなかったのです(´-ω-`)

その小動物コーナーの中央部分にはたくさんの小鳥がいました。
けれど、おちびちゃんとわたしの目的地は小さなうさぎさん。
たくさんのうさぎさんを見ていた時のこと。

静かだった小鳥コーナーがざわついていました。
「ぴぎゃー!!!!!びーーーー!!!!!」

見てみると、たくさんいる小鳥水槽の中に、
1羽足から血を流して叫んでいる子がいたのです。

すぐに店員さんを呼びに行きました。

けれど、新人の店員さん。
店長に確認をしないと・・・とオロオロし始めたのです。

止血剤はないか確認すると、それはある・・・というので、
ちょっとお借りして、携帯ですぐに

「鳥の持ち方」

で検索。
怪我した小さな鳥さんを、少し下手ながらも保定し、
なんとか止血。

ペットショップでは治るまで隔離する・・・とのことだったので、
そのまま帰宅しました。

鳥さんは苦手。

けれどやっぱり気になってしまい、
翌週、元気にしているか見に行きました。

小さな小動物コーナーに入るなり、奥から

「ぴーーー!!!」

と鳴く元気な声が。

おちびちゃんの声に反応してなのか、
よく鳴いていました。

そして先週のショップ店員さん。
お話すると、
爪が欠けているため、
もう少しよくならないと・・・とのこと。

元気に鳴いているその鳥さん、
どうしても気になってしまったその鳥さんを見て安堵し、
その場をあとにしました。

そしてまた翌週も。

必ず小動物コーナーに入ると
おちびちゃんの声に反応しているその鳥さんを見て、
鳥さんをはじめて可愛いと思いました。

そして。
思っていたこと。

この鳥さんをお迎えしよう!!!!!

こうして、苦手だったはずの
鳥さんとの暮らしがはじまりました。

呼ぶたび、みんながHAPPYになれるように。

名前は「ハッピー」と名付けました。