365日毎日お散歩する5羽のインコ、はぴたろーず日記

menu

HAPPY DAYS ☆お散歩大好き はぴたろさん日記☆

お金のなる木の上にいる鳥さん達

よくわからない問い合わせが
ここ最近、ずっと続いていたんだけれど。

アンケートは、やりたい人がやればいいこと。
安くグッズ購入出来るって言われても、
わたしは、いらないからやらない。

高いお金払っても効果ない治療とか。
人間でも依存して、完治が難しくなる精神薬とか。
そういうのだけは、ないといいな・・・って思う。

目の前の鳥さんを見つめてほしい。

ちなみに。
わたしは、病院にきちんと行くし、
子ども達も、ここちゃん(犬)も、
きちんと予防接種しているよ。

ただの病院嫌いとか。
そんなんじゃ〜ない。

ただ、最近は。
まるで。
お金のなる木の上にいるような鳥さん業界に。
不信感を抱いているだけ。

例えば。
一般では何の効力ももたない
そこだけの鳥さんの資格が。
ものすごいお値段だったりね。(でも、NPO法人だから非営利。)
わたしは。
愛護、保護と言う世界を超えているって感じるし。
まるで、一種の宗教のようにも感じる。
(あくまで、個人的感想。)

いろいろ調べてみると。
雑誌にも載っていたり・・・
繋がっているんだろうね、鳥さん業界。

鳥さんのことを学びたければ、
自分だけでも学べるし。
お金をかけなくても、幸せになる育て方。
わたしは、たくさんあると思う。

関連記事

    • 青桜
    • 2018年 10月 29日

    こんにちは。
    此方では初コメントですので、一応、はじめまして、とご挨拶申し上げます。
    いつぞやは私の紛らわしい発言に端を発したやりとりに丁寧に御対応頂きましてありがとうございました。

    私はアンケートも某団体の資格についても「やりたい方が自発的に自分の意思で」参加なされば良い事であって、それを無闇に他人に勧めたり、またその逆に、他人の活動を否定するのもなんか違うと思っています。

    ただ、受講費用が高額なのは、活動資金調達手段としての側面があるのかな、と思っていますので、活動資金を寄付するつもりで参加する方もいらっしゃるのかな、と思ってます。

    さて、本日コメントさせて頂きました本題ですが、今回の記事の画像でちょっと気になった点がありまして。
    ハッピーさんのクチバシですが、以前より少し長くなっていませんか?
    換羽とか、食餌の関係とか、年齢とか、肝機能に影響を及ぼしクチバシの質に変化をもたらす要素は多々ありますが、何かお心当たりはございませんか?

    もしこれらの画像が最近のもので無かったら、或いは撮影角度によるものでしたら、ごめんなさい。私の思い違いをお詫び申し上げます。

    どうぞハッピーさん並びにご家族の皆様がながらく健康でいらっしゃいますようお祈り申し上げます。

    • haru
    • 2018年 10月 29日

    青桜様。

    その節は失礼しました。

    まだ、続きがあるため、
    本日は、本題だけのお返事で失礼します。

    ずいぶんよく見て頂き、ありがとうございます。

    この写真は、昨日の写真です。
    ハッピーは、昨年の今頃も同じくらいの長さで、
    だいたいこの長さがMAX〜だんだんとクチバシの先が黒くなっていき、自然とお手入れなどで短くなっていくサイクルを繰り返しています。

    食事も、換羽も、まったくもって順調です。
    毎日、いつも通り、毎日お散歩に行き、
    家では飛び回ってはしゃいでいます。

    鳥さん専門医ではありませんが、動物全般、犬猫、爬虫類や鳥類、小動物まで診るかかりつけ動物病院もありますので、何か問題があれば、もちろんすぐに診て頂ける環境です。
    ちなみに、次回の定期検診は11月頃(お誕生日過ぎ)を予定しています。

    • 青桜
    • 2018年 10月 29日

    haruさま

    詳しくありがとうございます。
    そうですか、季節変化による周期的なものでしたか。
    安堵致しました。

    あの件以来、時々ですがharuさんのブログも拝見さて頂いているのですが、前回拝見したのがハッピーさんが氷と戯れてる時期で、その時の丸っこいクチバシの印象があったもので、フォルムの変化に驚いてしまった次第です。
    じっくりよく見るというよりも、間隔を置いてたまに見るのでパッと見の印象で変化に気付く感じです。

    私はここ数年、高齢で肝機能が低下した個体を複数お世話しておりまして、いまやどなたのブログを拝見しても、記事の内容より真っ先に個体のコンディションに目が行ってしまうのです。
    決してあら探しをしたかった訳ではありませんので、どうぞお気を悪くなさらないで下さいね。差し出がましいコメントに御返答をありがとうございました。

    • haru
    • 2018年 10月 30日

    青桜様。

    確認してみたら、前回の氷の写真は、
    9月18日の写真でした。
    ずっと承認記事を書いていたあとの記事で、
    少し溜まっていた写真の中から書いたような気がします。
    確かに、毎日見るより、時々のほうが、変化に気付きやすいかもしれないですね(o^^o)

    基本的には、1週間以内の写真が殆どなんですけど、
    カメラから取り込むのが面倒な時は、前の写真を使ったりもしています。

    てっきり、あら探しかと思いましたよ〜(笑)
    文章だけでは気持ち、わからなかったです。
    ずいぶんよく見てる〜なんて、
    嫌味書いてしまって、ごめんなさいm(._.)m

    • 青桜
    • 2018年 10月 31日

    あーやっぱり。それは嫌味でしたかー。
    そんな気はした(笑)
    それで、もしかしてあら探しとか揚げ足取りって思われちゃった?と、焦りまして、補足のコメント入れさせて頂いた次第です。

    haruさんは匿名で無責任な嫌がらせとや批判も沢山受けているでしょうから(推測)どうしても身構えてしまうのでしょうけれど、本当に悪意があるならば公開コメント欄で飼い主さんに直接懸念を伝えたりせず、むしろharuさんの目につかないところ(匿名掲示板とか閉鎖SNSとか)で話題にするんじゃないかな。
    まぁこれも人によりけり、コメント欄炎上を好む方が多いのも事実なので、なんとも言い難いところではありますが(此方にコメント入れてから、一旦落ちたこの記事のランキング順位が上位に返り咲いて「え、見てる人多い?」って慌てたし)

    実際、何の悪意も無かったのですよ。ただ単純な疑問と心配。今回はごく短期間にクチバシが軟化したように見えたので驚いてきいてみただけ(撮影時系列の説明ありがとうございました)

    でも突然のコメントでharuさんの心に波風立ててしまったようで。ごめんなさいね。

    それでは、またいつかどうしても気になる事があったら、コメント欄にお邪魔させて頂くかも知れません。

    (^^)/~~~

    • haru
    • 2018年 10月 31日

    青桜様。

    補足コメント、頂けてよかったです(*^▽^*)ノ
    青桜さんのお名前を見て、戦闘態勢に入りましたもん・・・(笑)

    公開コメント欄は、おっしゃる通り、悪意ある方は少ないように感じます。
    以前は、書き逃げする方も多かったけれど、最近は見かけません。

    ヒドイのは、問い合わせからくる方ですね。
    嫌がらせは本当に多いです。
    それから、批判なのか何なのかわからないものも増えています。
    仕方ないんですけどね、変なことしか書いていないと自覚しているし。
    でも、今回は、あまりにもアンケートしろ!
    っていうメールが、埋め尽くすくらい来てしまって。
    しばらく大人しく更新もしていなかったのに。
    実は、ここの病院なんです。
    「1週間に一度、30分の日光浴」と以前書いていたのに、
    「元気なら毎日日光浴~」と記載を変更し、飼育本にも。
    たぶん今は、HPにはその記述すらも消えたかな?
    毛引き自咬の記事も前はあったのに、なくなっているし。
    無責任だな。って思ってるんです。
    ここを信じてわたしを批判する人も、多かったんです。
    それが、大切な用事のメールも下に行ってしまうくらい、
    アンケート答えろメールに、頭にきてしまって。
    いつも、書くとピタッと止むので、今回も書いてしまいました。

    問い合わせは消せばいいのかもしれないけれど、
    コメントに流れても困るので・・・
    問い合わせだと誰にも目につかないから、削除し放題!
    メールアドレスを知られないようにって、返信しない理由もあるから、心おきなく削除ができるんです。
    あと、時々本当に心あたたまるメッセージも頂くので消せずにいます。
    コメントだと、わたしが認証するまでコメント件数だけ表示されるから、
    消したことが、本当のあら探しさんに、バレてしまうんですよ~(^^;)

    ランキングは見ていないんです。
    いいね!も消しているし。
    (前の記事にはいくつか残ってしまっていると思いますが。)
    上位にいくと気に障る方もいると思うし、必要性もないので。
    だから・・・上にいかないといいな(^^;)

    これからは、青桜さんのお名前見ても、
    戦闘態勢に入らずお返事できるので(笑)
    また何かあれば、お気軽にどうぞ~(*’▽’)ノ

    • 青桜
    • 2018年 11月 01日

    戦闘態勢って。。。
    正直な方だな(笑)

    一応宣言しておきますが、私は青桜の名でお馬鹿な真似は致しませんよ。
    このHNは長年使ってそれなりの信用もあり、人によってはリアルの個人情報まで把握されている大切なものなんです。
    だから、あえて青桜と名乗って荒らしみたいな無粋な真似は致しませんこと、此処にお約束申し上げます。

    ところで病院HPの件ですが、日光浴の件に限らず、

    1.古い情報を更改せずにそのまま放置しているサイト
    2.常に情報のアップデートを行っているサイト

    どちらが信用出来るだろうか、という話だと思います。

    2.のケースは言ってることが前と違うよ!と、不審に思うかたも多くいらっしゃるのかも知れません。
    しかし、情報の変遷が早いペットの世界で何年間も古い情報を発信し続けているのに比べたら、新しい情報を載せてくださるほうが私は良心的だと思っていますし、そのあたりは母子手帳の健康指導内容や、健康診断の標準値とか生化学検査の基準値が数年おきに更改されていくのと同じ感覚で受け止めています。(但し、毎回バッサリ書き換えてしまうのではなく、出来れば更改履歴は残して欲しいとは思っていますが)

    で、日光浴の頻度ですけど、私なら新旧情報を併せてこう読みます。

    元気で健康な成鳥であれば、理想的には毎日。もしそれが無理な状況であっても、最低限1週間に30分は必要です。と。

    つまり、以前の情報では最低限のレベルを記載していたけれど、その次の更新ではレベルアップして理想を記載しました。

    そんな風に解釈してみるのは如何でしょうか。

    もちろん解釈を変えてみたところで、病院HPの記載を根拠に飼育環境をバッシングされたharuさんとしては腹に据えかねるところはあるでしょうけれど、それは情報発信した病院の責任というよりも、無償で拾った情報を鵜呑みにして安易に他人を叩く方の行動の問題という気が…

    ところで、実際に必要とされる日光浴の時間と頻度は、鳥の種類や原産地、生態、さらには個体の年齢や健康状態によってかなりの違いがありますので、私自身は一律に何時間という情報はむしろ無いほうが良いとさえ思っているんですよ。

    そもそも飼い主さんたちに本当に必要とされているのは、紋切り型の正解ではなく、セキセインコなら週に◯回程度、とか、ヨウムなら日に◯時間は必要、赤目の色変わり品種の場合は眼球に対する直射を避ける事で将来的な白内障のリスク低減を心掛ける、など、もっと細やかで生活に沿った実用的な情報のはず。日光浴だけじゃない、食餌も温度管理も全て同じく。

    いつか、そういった情報が当たり前のように定着している世の中が来れば良いと思うのですが…

    なんか長々と書いてしまいました、すみません。

    • haru
    • 2018年 11月 01日

    青桜様。

    今後、青桜さんをひどく思うことはありません。
    (※部分、了解です。記載は消去しました。ごめんなさい。)

    病院のHPの件は・・・
    もちろん、古い情報のままがいいだなんて思っていません。
    時代は変わる。
    子育ても、昔とは大きく変わっています。
    長女の時と、末娘とではかなり異なるため、身をもって感じています。
    (以前、これについても書いています。もしかすると承認記事かもしれません。)

    「1週間に一度、30分のお散歩」を信じている方から
    今まで多くの批判を受けてきました。
    それは仕方のないことだと、思っています。
    ただ、そこから変更されたのが、
    「元気なら毎日日光浴を。」というたった一文のみ。
    何も説明書きはありませんでした。

    今までわたしは、約3年半以上、毎日お散歩を行って来ました。
    安全にどれだけ配慮して、行ってきたか。
    たったの5羽のインコでも、簡単なことではありません。
    セキセイインコのきーちゃんは、体も小さく、赤目ちゃんです。
    目に今後、負担がこないよう、強い陽射しは浴びない・・・
    夏と冬、発情期とそうでない時期・・・など、
    いろいろなことを考慮して行っています。
    (以前に書いています。今はもしかすると承認記事にしているかもしれません。)
    青桜さんもおっしゃる通り、鳥さんの種類、年齢や健康状態
    、状況で異なるはずなのです。

    公式HPのモットーには、
    「適切な検査や蓄積されたデータに基いた医療を提供することです。
    飼い主様のみならず、鳥を診療する獣医師にも役立つ情報となっております。」
    という記載もあります。
    その病院が、今までの記載から何の説明書きもなく、たったの一文で終わりにしていることに、
    どうしても納得がいきませんでした。

    そして、お散歩の大変さを、わたしは、身をもって体感しています。
    たったの5羽のインコでも容易なことではありません。
    どこの地域で、どの種類の鳥さんを何羽で実践してそう記述を変えたのか?
    本当に、毎日日光浴を行った上での情報なのか?
    正直わたしの気持ちは。
    「毎日日光浴は、行っていない」で記載したと思っています。
    本当に行っていれば、たったの一文では終われない。
    そして、そもそも「毎日日光浴」は物理的に不可能なんです。

    「獣医師にも役立つ情報」という記載があれば、
    ふつうの飼い主さんは信用します。
    メディアにもよくよく取り上げられているのであれば、尚更でしょう。
    それを信用した飼い主さんだけが悪いとは思いません。

    でも、だからと言って、ここの病院すべてを批判する気はないんです。
    日々、鳥さんのために治療を行われていること。
    一切、否定・批判の気持ちはありません。
    アンケートを実施することも、今更・・・とは思うけれど、
    効果のある治療に繋がるなら、不信感さえ払拭できれば、
    自分の意思で、アンケートに答えます。

    わたしのことを、イジワルの鬼のように思っている人が多いと思いますが、
    たぶん・・・結構、フレンドリーな部類ですよ。
    お友達は動物だけ・・・ではないから(笑)

    本当は、もっともっと書きたいことがあるんですけど、
    コメントだけでは難しいですね。
    鳥さんネタになると、話が尽きなくって・・・。

    でも、こんな内容ではなくて。
    楽しいだけの鳥バカさんになれるよう。
    努力したいと思います。

    • 青桜
    • 2018年 11月 02日

    >本当に毎日日光浴を行った上でのデータなのか

    その件なのですが、おそらく実践したとしても「日光浴」ではなく、屋内で太陽光ランプ(スパイラルライト)を用いていると思いまです。外気を浴びての日光浴よりも、毎日一定の照度で一定時間ランプを照射したほうが安定したデータがたくさん採取出来ますので。

    そして、照射の結果も、飼い主さん的な外見観察(行動や活力、食欲、羽艶など)によるものではなく、血液検査による血中ミネラルバランスを比較しての評価かと。

    私は獣医師ではありませんが、ヒトの医療の臨床データを扱う現場で働いていた経験からこのように推測させて頂きました。

    haruさんも仰る通り、気象条件に左右される日光浴を毎日確実に行うことは実際のところ不可能で、純粋に紫外線量だけによる影響を測定するためならば、自然光よりも人工的な環境のほうがコントロール性に優れています。

    一般的に公開されているかはわかりませんが、養鶏現場で用いられる指標等、産業動物界には多くの臨床データベースが存在しており、そういったデータ分析を本業とする産業獣医師も多数就業しています。

    つまり、データはあくまでもデータって事で、そこらへんはちょっと割り引いて考えて下さったほうがいいのかな、と思ってますけど、これはまぁ私個人の感覚に過ぎませんが。

    で、ごめんなさいね、きーちゃんルチノーだったのですね。
    不用心に赤目の例えを出しちゃったりして、別に注意勧告しようと思ったワケじゃないのに、きーちゃんの赤目に気付かなかった。

    一応参考までに補足しておきますと、赤目であっても、セキセイさんは眼球の露出面積が小さい鳥種なので、サザナミインコさん等に比べたら比較的紫外線の影響は受けにくいほうですし、また、イノの赤目は僅かながら色素を持っていますので、ファローの透き通るような赤に比べたらいくぶん紫外線耐性が高いそうです。

    ぽーちゃんはWFルチノーかな?赤目ではなく、いくぶん色素を持ったブドウ目ですね。

    >楽しいだけの鳥バカになれるよう

    そういう無理はしなくて良いんじゃないかしら?
    今回の一連のコメント、私はharuさんがかなり本気でレスしてくれたと思っているし、それによって貴女が何に怒りを感じて何の問題提起したかったのか初めて理解する事が出来た部分もあるわけです。むしろ通りすがりの皆さんにこういうやりとりをきちんと読んで欲しいと思うくらい。

    ま、他人にきちんと理解して貰おうと思えば文章にもそれなりに神経使わざるを得ないし、それを続けるのは疲れちゃうから程ほどにしないと辛いんだけどね。

    今回はこれにて打ち止めにさせて頂きますね。

    またいつかお邪魔させてくださいね。

    • サンちゃんのハハ
    • 2018年 11月 02日

    haru様
    青桜様
    こんばんは。横からごめんください。
    一連のお二人のやり取り、ドキドキしたりもしつつ目が離せなくておりました。
    そしてとっても興味深く読みました。
    屋外での日光浴を毎日続けて、はぴたろーずを丁寧に大事に観ていらっしゃるharuさんの目線と、正確な情報を求められる世界でお仕事されていた(のかなぁと勝手に思ってます)青桜さんのきちんとした文章と、どちらも私には無いもので、大事な事だよなぁと思いながら。
    小さな1つの命が持っている情報の多さに改めて感じ入ったと言いますか。
    溢れているたくさんの情報の中から1つを選び出して「コレだ」と思っても、次の瞬間には実情に合わなくなっている場合もたくさんあるでしょうけれど、それを軌道修正してくれるのも飼い主が手元にいてくれる鳥さん他の生き物達を観る力ですよね。どっちも大切、両輪だってことかなと思いました。
    青桜さんが一律に何時間という情報はむしろ無い方が、と書いてらしたと思いますが、同感です。気温と湿度と日照と、たった3つの要素の組み合わせだって途方もなくたくさんあって、みんな同じ条件なんて事はありえないでしょうと思ったからなんですが…。
    haruさん、しばらく冬眠されるのかしらん?でも、冬の間にもあったかい日もありましょうから、たまにハッピーちゃん達とお顔出してくださいね^_^

    • haru
    • 2018年 11月 03日

    青桜様。

    なるほど、スパイラルライトかぁ~。
    思いつきもしなかったです!!
    確かに、データを取るにはその方法が便利ですね。
    日光浴とはやっぱり別物だけれど・・・
    せめて、最低限、そこだけはやっていたハズ・・・と。
    そう、思うことにします。

    きーちゃんのことは、きちんと以前に書いています。
    セキセイインコのきーちゃん散歩(動画)にちらっと、
    あとは、詳しい内容は、やっぱり承認記事になっていました。
    (※ちょうどいいので、きーちゃん散歩の「いいね」消去しました!)
    もちろん獣医でも医療関係者でも何でもないですが、
    お散歩をする上で注意するべきことは、
    ふつうの方よりは心得ていると思います。

    ぽーちゃんは、色素をもっていますね~。
    羽も数枚、色づいたものが入っているんですよ(*^^*)
    遺伝については、以前、勉強しようと思ったこともあるのですが、
    繁殖して販売~とか、わたしには向かないし。
    だから、勉強することもやめました。

    「楽しいだけの鳥バカになりたい」のは、わたしの願望なんです。
    不信感は、できれば、もちたくないですもの。

    青桜さんは、わたしがなぜ、どこに疑問や怒りを感じているか、
    今回、少しわかって下さったと思うんですけど、
    わたしは、ずっとずっと以前から同じことを書いていたんです。
    でも、通りすがりさんだけでなく、
    真意を見てもらえることは、あまりなかったから。
    きっと、このやりとりを見ても、同じじゃないかな~(;^ω^)
    この前、ランキング見て驚いたけれど(;^ω^)
    できれば、こういう記事は見てほしくない・・・のが本音です。

    たくさんの貴重なご意見。
    本当に、ありがとうございました(*^-^*)ノ

    • haru
    • 2018年 11月 03日

    サンちゃんのハハさん、こんにちは~(*^-^*)ノ

    毎回、ドキドキさせてしまって、ごめんなさい(^^;)
    でも、今回はいつもと違って、意味あるやりとりでした。

    ある部分では、わたし。
    ガチガチ頭の頑固者なところがあるから(^^;)
    だから、経験ある上での見解を聞けて、よかったな~って(*^^*)

    それから、サンちゃんのハハさんは、
    わたしにない、あたたかさ、やわらかさ、
    理解力も察する力もあり、空気も読んでくれて、
    真を見つめてくれる・・・
    そして、自分の意思も伝えてくれる。
    すごい方だと思っています(^^)v
    いつも、優しくフォローしてくださって、
    どんなに救われているか。
    本当に、いつもありがとうございます!

    ちょっと、うっかりランキング見てしまって、
    あちゃ~っ(≧◇≦)
    っと思って、冬眠しようかと思ったんだけれど。
    ただのお散歩blogだったら、大丈夫よね~( ̄▽ ̄)♪

    思った通り、変な問い合わせは激減したし。
    すっかり、心穏やか~に戻れたから。
    明日から、「ふつう」のお散歩blog、書きますね~(*^▽^*)ノ

    • サンちゃんのハハ
    • 2018年 11月 03日

    haru様
    こんばんは。
    わわっ えらく褒めていただいちゃったような
    お散歩記事の中にもたくさん、ヒントがありますもの。
    私、自分ちの子の親バカ記事はちっとも更新していないのは棚に上げて、ハッピーちゃん達のhappyな記事、お待ちしてまーす!

    • haru
    • 2018年 11月 04日

    サンちゃんのハハさん、おはようございます(^O^)

    通りすがりさんには、わからないように。
    お散歩記事に、いろんな思いを込めながら、
    HAPPYな記事をまた、書いていきますねっ(*^^*)♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 木の上で。

  2. 鳥さんの「しつけ」について

  3. ムーミン谷のハッピー

error: Content is protected !!