365日毎日お散歩する5羽のインコ、はぴたろーず日記

menu

HAPPY DAYS ☆お散歩大好き はぴたろさん日記☆

鳥インフルエンザ~鳥飼いさんの心得~

寒くなり、新聞やニュース、インターネットなどで
「鳥インフルエンザ」の記事を見ることが多くなってきました。

わたしは鳥を愛し、自分自身も5羽の愛鳥がいます。
そして・・・毎日お散歩もしているので、
他人事ではありません。

にっこり

まず、そもそも「鳥インフルエンザ」とは何か。
厚生労働省の「鳥インフルエンザに関するQ&A」から抜粋。

Q 鳥インフルエンザとは何ですか。
A 鳥類に対して感染性を示すA型インフルエンザウイルスのヒトへの感染症が、鳥インフルエンザです。
 また、鳥インフルエンザの原因となるA型インフルエンザウイルスを一般的に、鳥インフルエンザウイルスと呼んでいます。
 鳥インフルエンザウイルスは、自然界においてカモ、アヒルなどの水鳥を中心とした多くの鳥類が腸内に保有しています。
 なお、鳥インフルエンザウイルスがヒトやその他の動物に感染した場合も鳥インフルエンザという感染症名を使用しています。

Q 高病原性鳥インフルエンザとは何ですか。
A 感染した鶏が高率に死亡してしまうような、病原性が高い鳥インフルエンザです。
 鳥インフルエンザのなかでも、鶏に感染させた場合に、高率に死亡させてしまうようなものを高病原性鳥インフルエンザといいます。
 その原因となるウイルスは高病原性鳥インフルエンザウイルスといいます。高病原性鳥インフルエンザウイルスとしては、H5亜型のものとH7亜型のものが知られています。

Q 鳥インフルエンザウイルス(高病原性鳥インフルエンザウイルスを含む)はヒトにも感染するのですか。
A 現時点では、感染した鳥やヒトと濃厚に接触した場合に限られています。
  現時点では、鳥において高病原性を示す鳥インフルエンザウイルスが鳥からヒトに感染するのは、感染した鳥又はその死骸や内臓、排泄物等に濃厚に接触した場合に限られています。
  また、鳥インフルエンザウイルスがヒトからヒトに感染するのはきわめて稀であり、感染の事例は、患者の介護等のため長時間にわたって患者と濃厚な接触のあった家族の範囲に限られています。

Q 鶏肉や鶏卵を食べて、鳥インフルエンザウイルス(高病原性鳥インフルエンザウイルスを含む)に感染することはありますか。
A 鳥インフルエンザウイルスについては、これまで、鶏肉や鶏卵を食べることによってヒトに感染したという事例の報告はありません。

Q 鳥インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザを含む)と新型インフルエンザとはどのような関連があるのですか。
A 鳥インフルエンザ=新型インフルエンザではありません。
  鳥インフルエンザは、一般的には、インフルエンザウイルスを病原体とする鳥の感染症のことを指します。
(2016年12月4日現在)

にっこりプリン

まずは、「鳥インフルエンザ」に対して、
正しい知識をもち、冷静に判断することが大切だと思います。

そして、住んでいる地域によって、対策方法が異なります!

例えば・・・現在、東京都環境局が出している
「野鳥に関する鳥インフルエンザ情報」には、
・東京都内での野鳥の感染について
・身近な場所で野鳥の死がいを見つけたら
・Q&A質問一覧
が細かく記載されています。

そして、東京都福祉保健局からは
「高病原性鳥インフルエンザについて(鳥を飼っている皆さんへ)」というガイドラインもあります。

スノー様

自分の地域と、他の人が住む地区では、異なること。
過剰な不安はパニックを引き起こすもとにもなってしまうので、
事前に自分の住む地域の対策を確認し、
なおかつ近隣の情報も自分自身で都度、
確認することが大切だと思います。

ほっぺ

幸い、はぴたろ地区は、
現時点では「鳥インフルエンザ」の情報はありません。
けれど、近隣の情報も毎日確認するようにしています。
その上で・・・
お散歩時には、地面やベンチ、木には乗せない。
という対策を実施しています。
毎日のお散歩は継続します。
あくまでも、今の時点は・・・です。
状況によっては、お散歩を中止することも視野に入れています。
愛する「はぴたろーず」を守るためです。

きーちゃん

しっかりと正しい知識を知り、
その上で、自分の地域、近隣地域の情報を知る。

住んでいる「都道府県」と「鳥インフルエンザ」で検索すると、
「野鳥に関する鳥インフルエンザ情報」
「高病原性鳥インフルエンザについて」
を知ることができます。

鳥さんを飼育している方は。
ぜひ、ご自身で確認してみてくださいね!!

ぽちっと応援してね♪
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

error: Content is protected !!